日焼け対策だけでなくファッションとしても使えるオリジナルキャップ

キャップ

日除け対策だけでないキャップの魅力

これから暑くなる時期に取り入れたい、この夏のトレンドにもなっているキャップスタイル。被るだけでコーディネートが引き締まります。またワンポイントがあるものには目を引かれ、良いアクセントにもなりますね。
今流行りの刺繍が入ったデザインもよく見かけるようになりました。また今、巷で人気の双子コーディネートにもよく使われているようです。カップルでお揃いもペアルックだと少しハードルが高そうですがキャップなら取り入れやすいですね。ガーリーにまとめたい方にはキャメルやベージュ、ピンクなどのカラーキャップがおすすめです。大人シンプルコーデにもこの色合いだとぴったりだから安心です。
ボーイッシュ、スポーティーに決めるのには色を使いすぎないようバランスを意識しながら色選びを統一してみるとお洒落に仕上がります。キャップのオリジナルロゴとソックスの色を合わせてみるというのも手ですね。髪型が決まらない…そんな時にも重宝するアイテムでもあります、簡単ポニーテールに合わせると最強です。
いくつか例をあげさせてもらったようにコーディネートの幅を広げたい、そんな時に打って付けのオリジナルキャップはこの夏ひとつは持っていて損はないです。いつもの服装でもオリジナルキャップをプラスするだけでもグッと印象が変わりますよ!

キャップは髪型と髪質に合わせて選ぼう

夏が近くなると、フェスなど外出する機会が増えるかと思います。その際に必要なオシャレアイテムの一つがキャップです。そのキャップを選ぶ際のポイントをこちらの記事では簡単にご紹介したいと思います。オリジナルキャップは髪型によっては不格好になったりもします。キャップは大抵頭にピッタリフィットするように作られています。
その場合、髪型によってはキャップから出る髪が不格好になり、逆にイマイチに見えてしまう事があるのです。例えば、肩上までの長さでパーマなどをかけている場合は、キャップを被ると髪が膨らんで大きいシルエットになってしまいます。その場合は髪を結べるのであれば結んだ方が様になって良いかともいますが、髪が結べない場合はキャップは避けてナットなどに切り替えましょう。
髪質でもオリジナルキャップを選んでみましょう。また、髪質が硬い場合もキャップとの境界で大きく膨らんでしまうことがあります。この場合は結んでも髪が変に段づいてしまい、あまり良い見た目にはなりません。ただし、少し大きめのサイズを選ぶとちょうど良く頭にフィットして段づかない場合があります。髪質が硬めの人は極力通販ではなく、店舗で実際にかぶってみて鏡で見てみてください。
オリジナルキャップは頭にフィットしサイズ調整はしやすいのですが、筆者としては女性の場合実は人を選ぶ帽子だと思っています。極力店舗で一度被ってから購入するように心がけてもらえると幸いです。

キャップでカジュアルすぎないファッション

ファッションに帽子を取り入れるのがすき!という方は多いと思います。服がいまいちしっくりこなくても、ポイントにかぶっておしゃれに見せることができる、ステキ小物の一つですよね。しかし、その中でキャップは場面を選ぶから使いづらい・・・・と感じることありませんか?野球チームのロゴが入っていたり、鮮やかな色や絵が入っていたり、若者寄りのアイテムだなぁと感じたり、カジュアルすぎる・・・と感じたり。
そんな方にお勧めしたいのが、変わった生地のオリジナルキャップ選びです。綿だとやはりカジュアルに見えてしまいがちですが、最近は様々な素材のオリジナルキャップを店頭で見かけます。例えばチンチラというふわふわしたような生地でできたキャップ。キャップというと夏のイメージも強いですが、チンチラのような素材なら冬でもファッションに活用できますよね。次に革やスエード調の生地でできたキャップ。カジュアルすぎずクールに決めたいとき、逆に服がおとなしかったり、優しい色合いの時に革素材の小物をポイントに取り入れると不思議とぐっと引き締まりますよね。
そしてベロア生地のキャップは女性におすすめです。キャップは男性寄りのアイテムというイメージもありますが、ベロア生地はしっとりと優しい印象があり、男性的アイテムでありながら女性らしさも引き出せる素材です。オリジナルキャップ選びって本当に悩んでしまいますが素材で選ぶというのもファッションが広がってまた楽しいですよね。

article list